iPad Air 2019(10.5インチ)とmacbook pro 15

2019/04/30 16:25

きっと平成最後のエントリです。明日からは令和ですね。


iPadをmacのサブディスプレイにできるSidecatという機能がmacOS 10.15には標準搭載される、みたいな噂がありますね。せっかくDuetを買って持っていたのにiPadを子供のZ会用に持っていかれてはや数年。ついにiPadを新調しました。

徐々に老眼気味になりつつあるので、iPad miniではなくて iPad Air 2019にしました(10.5インチ)。理由は老眼だけではなくて、普段使っているmacbook pro 15(2016 late)にあうのではないかという期待もあったりなかったり。

サイズや解像度

アプリの Duet を使って Type C Lightning ケーブル でケーブル接続しています。

以下はmacOS側からSafariをずりずりっとiPad側にひきずって途中までもっていった状態です。

通常のディスプレイ環境設定でサブディスプレイの設定をするのと同様に位置や解像度の調整はできますが、解像度がイマイチ良い感じにはなりませんでした。実用上は問題ないと思いますが、シームレスな感じに設定するのが好きなので地味にカーソルの行き来で引っかかったりはしそうかな?

解像度

macbook側のディスプレイにクリップでつけるやつ に憧れつつも、iPad Airが横にくっついてるのは精神衛生上どうなんだというのもあり、とりあえずは スマホ スタンド においてみました。

スマホスタンドにiPad Airを立てるとした方向はこんな感じ

この状態だと上方向は少しはみ出ている感じ(↓)。もっと下におければサイズ的にはちょうどなんでしょうけれども。く、クリップ?

この写真だけiPad AirにはiPadのSafariを表示してる(サブディスプレイではない)。

少し上にはみ出る

Duet で繋いでmacOSの画面を表示しててもiPadはタッチ操作できるのだけれど、不思議なことに指で操作したいとは思わない。なんでだろう。

macOSのSafariをiPad Airで全画面表示してみると以下のような感じ。

iPadにmacOSのSafariを最大表示

なんでiPadなのか。そもそもmacOSなのか。

文章を読んでるときに、文章幅に対していい感じに拡大してくるのサイコー。

macOS上でもSafriが大好きなのは、読みやすいから。

iPadでもいい感じにしてくれる。他のビューワーなどでもだいたい同じようにいい感じになる。他のOSだと下手すると文章の幅を無視して拡大したりして何がしたいのか意味がわからなかったりする。

最近は他のOSでもAdobeのPDFビューアーだけがちょっとマシかもしれない動作をするなーということに気づいた。