Djangoのインストールが初心者には難しいという話が各所で出ていますので、WindowsとMac OSXでそれぞれ一番簡単にインストールができる方法を紹介します。

特に、Djangoをはじめようとすると必ず出てくる「ソースコードリポジトリからsubversionクライアントを利用して最新版を取得して使え」という部分は敷居が高いと思いますので、なんとか別の方法で最新版を取得する方法を模索します。

Windowsの次は、Mac OSX(10.4.10)で。

必要なものをダウンロードしてくる。

Python2.5をダウンロードします。

Pythonというのは、Djangoで開発を行う際に使う言語です。

http://pythonmac.org/packages/py25-fat/dmg/python-2.5-macosx.dmg ← これ

続いてDjangoの開発版をダウンロードします。

ここをクリックして Django本家のTracで最新版のtrunkを表示します。

trunkをzipでダウンロード

表示したページの下の方に、Zip Archiveというリンクがありますので、クリックしてダウンロードします。

ダウンロードされたファイルは次の2つです。

  1. python-2.5-macosx.dmg
  2. django_trunk_rxxxx.zip

では、順番にインストールを行いましょう。

Pythonのインストール

python-2.5-macosx.dmg がファインダー上にマウントされていなかったら、ダブルクリックしてマウントします。

MacPython_dmg

マウントされたディスクイメージをファインダで開き、MacPython.mpkgをダブルクリックします。

MacPython

続けるをクリックします。注意事項や使用許諾のダイアログが続いて表示されますので、続けるをクリックします。

agreement

使用許諾に同意を求められますので、同意しますをクリックします(同意しない人は同意しませんを…)。

Volume

PythonをインストールするVolumeの選択をして、続けるをクリックします。外付けドライブ等にはしないほうがいいかもしれません。

簡易インストールのダイアログが表示されたら、そのままインストールをクリックします。

auth

システムにファイルがインストールされるので、認証のダイアログが表示されます。管理者権限を持つユーザ名とパスワードを入力して、OKをクリックします。

finish

インストール終了のダイアログが表示されますので、閉じるをクリックします。

Djangoのインストール

django_trunk_rxxxx.zipを展開します。

django_trunk_django

展開すると django というディレクトリが出てきます。

ターミナル

ファインダーで、アプリケーション→ユーティリティ→ターミナルを辿り、ターミナルをダブルクリックしてターミナルを起動します。

Pythonのバージョンを確認するために、ターミナルで次のように打ち込みます。Vは半角英数の大文字です)

 $ python -V

Python 2.5 と表示されましたか?もし Python 2.3 のようにバージョン番号が小さい場合には、Pythonのインストールがうまくいっていません。手順を確認してください。

そのままターミナルで次のように打って実行してください。もし、デスクトップ以外にDjangoをダウンロードした場合には適宜パスをかえて実行してください。

  $ cd ~/Desktop/django/trunk/

では、Djangoをインストールしましょう。インストールはシステムにファイルをインストールしますので、sudoというコマンドを使える管理者でなければいけません。

  $ sudo python setup.py install
sudo

sudoに関する注意事項が英語で表示され、パスワードの入力を求められます。ご自分のパスワードを打ち込んでリターンキーを押してください。大量のログが流れてDjangoがインストールされます。

OSX特有の問題を回避する。

OSXを日本語設定で使っている場合に、一部問題が出る箇所がありますのでDjangoのソースコードを一部変更します。

テキストエディタで、 /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/Current/lib/python2.5/site- packages/django/utils/tzinfo.py というファイルを開きます。

8行目に、 DEFAULT_ENCODING = locale.getdefaultlocale()[1] or 'ascii'
という行がありますので、その下に2行ほど付け加えて保存します(コピー&ペーストしてください)。
tzinfo.py

  if DEFAULT_ENCODING == 'X-MAC-JAPANESE': DEFAULT_ENCODING = 'ascii'

Djangoがインストールされたかどうかを確認する。

続いてターミナルで次のように打ち込み、インストールの確認を行います。

  $ django-admin.py startproject spam
  $ cd spam
  $ chmod 755 manage.py
  $ ./manage.py startapp egg

エラーが出なければインストールは完了です。

最新の日本語ドキュメント は、 こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • みなさんのコメント
    • 2007-09-08 00:47:13 makoto

      jYoshioriさんからうまく動かないという指摘をいただきましたので、「OSX特有の問題を回避する」という項を追加しました。